「安部三十郎」を支持し、応援するたくさんの声が寄せられています

「市民一人ひとりの暮らしを良くしたい」と 一生懸命な市民派の安部三十郎を応援します。

色摩安紘さん (成島) 米沢市体育協会 会長

8年前に陸上競技場が全天候型に改修され、3年前に人工芝サッカーフィールドが完成しました。お陰様で米沢の競技レベルが向上し、大きな大会も開かれて観光・経済にも波及効果が出てきました。彼の先見性を高く評価しています。

 

佐藤嘉一さん (下花沢) 米沢市芸術文化協会 会長

待望の新文化複合施設が、次第に姿を現してきました。来年7月のオープンを心待ちにしています。芸術・文化・教育を大切にしたいと願う市民がたくさんおられます。
教育や文化に力を入れて人を育て、米沢の発展を図る彼の考えは王道を行くものです。

 

高橋秀昭さん (西大通) 医師

7年前、興譲館跡地に開設されている休日診療所が、彼の力で平日の夜間も開かれるようになりました。私たち医師の声によく耳を傾け、市立病院の建て替えにも真剣に取り組んでいる彼と一緒に地域医療に尽くしたいと思います。

 

太田直美さん (門東町) 病院事務

毎年秋に米沢で「ミニバレーみちのく大会」を開催しています。北は北海道から南は沖縄まで、各地から愛好者が集合します。交流人口拡大のために、誠意を尽くしておもてなしをする彼は、みんなに愛されています。

 

長岡克典さん (中央4丁目) 弁護士

米沢の弁護士全員(8人)と彼とで「憲法のつどい」を年1回開催し、多くの市民が集まっています。最初の呼びかけ人は彼です。平和を大切にしようと活動する彼のような存在は、今の日本にとても貴重です。

 

髙田恵子さん (春日1丁目) 主婦

法務省提唱の「社会を明るくする運動作文コンテスト」で、彼と一緒に市内の小中校に出向き、出前表彰式をしています。全校朝会で子どもたちに向って、人生において一番大切なのは何かを、やさしく語りかける彼は他に類を見ないリーダーだと思います。

 

白田静雄さん (平和通り) リーガル店主

街なかに賑わいを取り戻すべく、幾つもの困難を乗り越えながら、新文化複合施設建設に努力する彼。姉妹都市からのお客様訪問の折などは積極的にうちの店に案内して、賑わい作りの具体的な行動を起こす彼。彼に必ず新文化複合施設のテープカットをさせたいです。

 

後藤恵里香さん (万世町) 主婦

ハッピを着た彼が米沢駅から新幹線に乗り込むのを目撃しました。同行の職員2人も着ていました。米沢のPRをしながら企業誘致の会社訪問をしているのだそうです。何事にも一生懸命で純粋な彼の姿は市民の誇りです。

 

須藤律子さん (赤湯) ケアマネージャー

置賜広域行政事務組合を定年退職しました。彼のもとで消防の広域化が実現し、置賜全体の役に立つ道の駅が建設されようとしています。置賜のリーダーとして、堂々とした存在感があります。

 

安部眞理子 (川井) 主婦

妻から信頼されている人が、市民の代表に一番ふさわしいと思います。